伊勢の博覧会

伊勢の博覧会


■講師■
伊勢市立図書館

■説明■
eラーニングを公開します。

今回は、「伊勢の博覧会」です。


春宵一刻直千金(しゅんしょういっこくあたいせんきん)

春の夜のひとときは千金にもかえがたい価値あります。
花天月地(かてんげっち)とは、花は咲き、月は明らかな夜のこと。
春の夜の美しい情景を表した言葉です。
朧に霞んだ月に照らされ、満開の桜を見ながら歩く春の宵は、何とも言えない風情があります。

人類が初めて月世界に足を踏み入れたのは、今から50年前。
1969年7月20日のことです。
アポロ11号のアームストロング船長は月面に降り立ったその時
「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍となる一歩だ。」
との言葉を発しました。

翌年、大阪で開催された日本万国博覧会に
アメリカ館は、
アポロ司令船や月着陸船とともに
月から持ちかえった「月の石」を展示し
万博最大の呼び物となりました。

アジア初の大阪万博は、日本が高度経済成長を果たし絶頂期の年。
掲げたテーマは「人類の進歩と調和」ー

万国博覧会は時代ごとの文明の先駆けの象徴なのです。




続きは、伊勢市立図書館ホームページ、「ふるさと文庫」のページ、もしくは下記のPDFでご覧ください。

関連リンク

伊勢やまだ大学ロゴ

あなたも伊勢やまだ大学に入学しませんか?
お問い合わせは下記より。

お問合せ:ise.yamada@gmail.com

伊勢やまだ大学の主催するイベント等でも学生登録ブースを設けています。

シェア
ツイート

Copyright (C) 伊勢やまだ大学. All Rights Reserved.