eラーニング

■タイトル■ 文庫礼讃 ― Fumikura から Library へ ―

■講師■ 伊勢市立図書館

■説明■

特別講座eラーニングを公開します。

今回は、「 文庫礼讃 ― Fumikura から Library へ ― 」です。



時 秋にして積雨霽(晴)れ 新涼郊墟に入る
燈火 稍く親しむ可く、 簡編、巻舒す可し
(燈火 ようやく親しむべく、 かんぺん、けんじょす可し)

秋になると涼しくなり夜も長くなって、燈火の下で読書するのに適している。


秋の夜長…。
一年中でもっとも夜が長いのは冬至ですが、
秋分を過ぎて初めて夜の長さが実感されるから
「夜が長くなった」
この言葉なのです。

続きは、伊勢市立図書館ホームページ、「ふるさと文庫」のページでご覧ください。


このページを見た人はこんなページもみています


  1. ニュース1伊勢やまだ大学学生の皆様へ
  2. ニュース2お店ゼミ参加店募集!

今人気のページ


  1. 学生特典学生特典
  2. 何が学べるのか特別講座-日本女性の美しい所作講座(女性限定)|何が学べるのか?
  3. グッズ伊勢やまだ大学オリジナルグッズ