eラーニング

■タイトル■ -菓子礼讃 - 伊勢の和菓子

■講師■ 伊勢市立図書館

■説明■

特別講座eラーニングを公開します。

第2回は、「-菓子礼讃 - 伊勢の和菓子 」です。

若葉が風にそよぎ、淡かった陽光が強さをみせるようになってきた。 青葉の梢を揺すって吹く南風は青嵐。
その風が緑の香りを運ぶと見立てたのが、“風薫る”である。

立春から数えて八十八日目が八十八夜。
“八十八夜の別れ霜”
この頃から霜の害がなくなり、農作物の種蒔きや茶摘みがはじまる。 一番茶を摘む時季、新茶の季節到来。
八という末広がりの文字が重なることから、 この頃に摘み取られる新茶は、
不老長寿の縁起物として神仏に供えられ珍重されている。

お茶が日本に伝わったのは、平安時代と伝えられる。
以後、日本独自の茶の湯の文化が武家社会中心に発展していった。

若葉が風にそよぎ、淡かった陽光が強さをみせるようになってきた。 青葉の梢を揺すって吹く南風は青嵐。
その風が緑の香りを運ぶと見立てたのが、“風薫る”である。

立春から数えて八十八日目が八十八夜。
“八十八夜の別れ霜”
この頃から霜の害がなくなり、農作物の種蒔きや茶摘みがはじまる。 一番茶を摘む時季、新茶の季節到来。
八という末広がりの文字が重なることから、 この頃に摘み取られる新茶は、
不老長寿の縁起物として神仏に供えられ珍重されている。

お茶が日本に伝わったのは、平安時代と伝えられる。
以後、日本独自の茶の湯の文化が武家社会中心に発展していった。
お茶とともに供される和菓子もまた
茶の湯の洗練された美意識に影響され独特な発達を遂げた。


続きは、伊勢市立図書館ホームページ、「ふるさと文庫」のページでご覧ください。


このページを見た人はこんなページもみています

  1. 何が学べるのか?|eラーニング 一覧ページ
  2. 理念