特別講座

■タイトル■ 伊勢市の中心を貫く日本最大の断層・中央構造線~衝撃の新事実講座

■日時■ 平成27年10月23日(金) 19時00分 ~ 21時00分
■講師■ 中村祐治

■講師紹介■

1960年生まれ、伊勢高校、愛知学院大学出身、神田久志本町で中村歯科クリニック開業 日本地質学会会員

■説明■

中央構造線とは、約8000万年前にできた九州から千葉県まで西南日本を縦断する約1000kmの日本最大の断層です。三重県内では飯高町〜多気町五桂池付近までの位置は特定されていましたが、それ以東の伊勢市付近については特定されていませんでした。今回私たちは早稲田大学、長野県中央構造線博物館と共同で、この区間を特定したので、伊勢地区での断層の走行と、歴史的相関についての興味深い報告をいたします。

■参加定員■ 15名
■参加費■ 参加料 1200円(学生登録をされた方は 1000円!) 

■場所■ 新道テラス

■住所■

伊勢市一之木2-2-21

■会場地図■

■駐車場■

しんみち駐車場

■問い合わせ先■

※特別講座にご参加いただく場合は、必ず事前申込が必要です。
 伊勢やまだ大学事務局
■電話番号■ 0596-25-5155
■電話受付時間■ 平日9時~17時