【第14回】伊勢やまだ大学特別講座 「伊勢和紙 ってなんだ?講座」が開催されました

6月20日(土)伊勢やまだ大学特別講座「伊勢和紙 ってなんだ?講座」が、晴れ渡る晴天のなか、大豐和紙工業さん敷地内にて開催されました。

前半は、長きに渡り、神宮御用紙を奉製されている大豐和紙工業さん敷地内に建てられている伊勢和紙ギャラリー展にて、観光名所「おかげ横丁」や世界遺産「熊野古道」などのロゴを制作されたこともある書道篆刻家 高 潤生氏に解説をしていただきながら、氏の数々の作品を鑑賞しました。
 また後半は、大豐和紙工業 社長 中北 喜得氏に、紙が生まれた歴史から現代の伊勢和紙の使われ方まで、幅広くワールドワイドに語っていただき、講師の歴史ロマンあふれる和紙に対する熱い思いを込めたお話しに、多数の受講生が伊勢和紙のの新たな魅力の発見に引き込まれているように感じました。


高 潤生さん、中北 喜得さん、今日は本当にありがとうございました。

■ 地図 ■

【第14回】伊勢やまだ大学特別講座 「伊勢和紙 ってなんだ?講座」が開催されました写真1【第14回】伊勢やまだ大学特別講座 「伊勢和紙 ってなんだ?講座」が開催されました写真2【第14回】伊勢やまだ大学特別講座 「伊勢和紙 ってなんだ?講座」が開催されました写真3【第14回】伊勢やまだ大学特別講座 「伊勢和紙 ってなんだ?講座」が開催されました写真4


このページを見た人はこんなページもみています


  1. 【第13回】伊勢やまだ大学特別講座「日本女性の美しい所作講座」が開催されました。 2015年06月19日|ニュース